有料老人ホームの看護師の仕事

有料老人ホームの看護師の仕事に非常に近いものとして、その施設に隣接する附属の診療所の看護師の仕事があります。これは、ベッド数が19床以内の小規模の診療所を附属させている有料老人ホームが増えていることで、その診療所の看護師の募集も多くなっているということです。このタイプの診療所では老人ホームの入居者を患者としており、対象がほぼすべて老人ホーム入居者です。外来診療はありますが、病院や巷の診療所、クリニックよりは受診する人数は少なく、看護師の業務負担もその分、軽減されます。また、時間どおりに帰宅でき、残業も少なく、子どもを育てている看護師にとっては、ありがたい職場環境といえます。給与は、年俸制のところもあれば、正社員として勤務できるところもあります。パートで働くことも可能です。

 

 

診療所を附属させている施設を探すには、その老人ホームのホームページで医療支援体制を調べるとすぐにわかります。有料老人ホームでの看護師の仕事は、医療と看護に関して介護職員を指導し、入居者の健康管理をすることです。実際には、介護スタッフと同じ業務もかなり含まれていることもあります。施設によっては、看護師の資格があることで、主に入居者の医療機関への受診の付き添いを担当することもあります。病院の仕事と違い、夜勤がなかったり、時間どおりに帰宅できることが多いので、子どもを育てている子育て中の人や、親の介護がある人でも、働きやすいというメリットがあります。その一方で、給与は病院よりは安くなることが多く、年俸制であったり、契約社員で年度更新する雇用形式のところも多いです。パート採用であれば、時給が1500円~2000円程度です。年俸制の場合は年俸400万~500万のところが多くなります。

Similar Posts: