スキーの子供 持ち物 服装 インナー

スキー 子供 持ち物

スキーウエアなど、スキー用品を扱うお店に行ってきました。
日曜日ということもあり、また、セール中で1割引きのせいもあり、多くの買い物客でした。
値段の下がっっていたグローブなどは、悩んでいるうちに
あれよあれよという間に他の人の手に渡っていきました。
スキーウェア、ゴーグル、グローブ、ニット帽、ネックウォーマー、
発熱タイプのインナー上下、スキー用靴下、スノーブーツ、

そして、レンタルではなく自前でいくなら、スキーブーツ、
スキー板、ストック。持ち物はそんな感じでしょう。
雪遊び用に、そりがあってもたのしいでしょうね。

子供のスキーウェアやグローブインナーなどは、成長することを考えて
商品を買う人が多いので、そのあたりを考えての商品もありました。
つまり、スキーウェアの背中からひもを引っ張ると、袖丈が縮んで、
自分の着たい丈に調節できます。また、ズボンも背中のあたりの紐を引っ張ると、
裾の丈が縮んで、調節できるので、実際の身長にくらべると、
20センチほど長めのウエアなどでも十分着れます。

スキー 子供 服装 インナー

インナーは、発熱するタイプを選ぶとよいですね。子供用にカラフルなものも
たくさん出ています。靴下も、防水とまではいかなくても、分厚い生地のもののがよいですね。
別に、新しく購入するのではなく、インナーとして、下着とセーターをきせてもよいです。
下半身は、タイツやスパッツなどを履かせてからウェアを着ます。

スキー 子供 防水スプレー

出発の前にウェアやスノーブーツなどすべてに防水スプレーをかけておいたほうがよいでしょう。
今の時期は、クリアランスだということで、値引きや割引きでスキー用品や
スノボー用品などを買う人が多いので、売れ残っていた商品も、安くて人気のあるものから
売れていきますから、ほしいものがあれば、早めにチェックしたほうがよさそうです。

Similar Posts:

コメント