無農薬栽培のお米はおいしくて健康に良い

日本各地で無農薬栽培による米の生産が普及されつつあります。農薬を使用しない安全なお米はアレルギー体質の子供も安心して食べることができます。お米も野菜も無農薬、無化学肥料栽培の自然栽培で作られたものを選ぶことをおすすめします。

無農薬米は日本が世界にほこる農業技術

このすばらしい健康のための食材をたくさんの人が食べることでさらに普及します。熊本県も無農薬栽培がさかんな土地です。熊本県の無農薬栽培農家のお米も1994年以降、農薬と化学肥料を一切用いない自然農法で育てています。長期間の自然栽培が生み出した本当に健康に良いおいしい無農薬米です。30年間無農薬栽培のお米が 菊池市七城町でとれるのです。西日本有数の米どころで、30年間、無農薬でお米作りを行なっている農家です。農薬は30年前から一切使用しておらず、除草もジャンボタニシと手作業で行なっています。除草剤は全く使用していません。裏作で行なっている麦に米ぬかなどの安全な植物性有機肥料を入れていますが、米には全く肥料を使用しておりません。子どもたちの事を考えると、もう農薬を使うわけにはいきません。

今の世の中は農薬や化学物質で汚染されている食べ物ばかり

毎日食べるお米だけは安心して食べられるもの選びたいですね。イセヒカリとは、平成元年秋、伊勢神宮の御神田で発見された米の品種名です。味はコシヒカリをはるかに凌駕しています。伊勢神宮では「皇大神宮御鎮座二千年」の年に「イセヒカリ」と命名しました。イセヒカリを、北摂豊能の米作り名人が完全無農薬栽培で育てました。澄んだ空気と山から流れ出る清らかな水、美しい棚田育ちです。山口エコ100認証の有機無農薬栽培の自然米も素晴らしい無農薬米です。化学農薬や化学肥料を使用せず、肥料を最小限に抑えた自然栽培米を食べましょう。日本各地のすばらしい無農薬米を食べましょう。静岡県は、全国でも健康寿命がつねにトップ3に入る健康長寿の地です。その静岡県で生産された無農薬米を食べてみませんか。無農薬米を食べて、アトピーや喘息が改善した子どもがたくさんいます。家族の健康のためにも無農薬米を食べたいものですね。

無農薬栽培、無化学肥料栽培のおいしいお米

農薬を含まない、完全な無農薬米を食べさせてあげたいですね。無農薬栽培は、環境や健康に配慮して化学農薬や化学肥料を使用せず、自然に近いかたちを理想として栽培をしています。日本各地で、無農薬栽培にめざめる農家が増えてきています。無農薬栽培のノウハウを日本から世界へ発信して、世界の環境汚染から地球環境を守り、生命を守りたいものです。アメリカの遺伝子組み換え農産物やそれにつらなる農薬などのビジネスは広まれば、地球環境を破壊する人類滅亡の道となります。日本がこの邪悪な流れを阻止して、すべての人類にとって最善な無農薬での栽培技術を普及させることがこれからの世界にとって不可欠となるでしょう。福岡産ヒノヒカリはおいしいお米です。福岡筑後平野のヒノヒカリとは、コシヒカリ(越南17号)と黄金晴(愛知40号)の交配による水稲ウルチ米です。雑草取りはジャンボタニシにも手伝ってもらい人の手で行う栽培方法です。無農薬栽培であるだけではなく、無化学肥料です。味はコシヒカリに負けず、もちもちしたご飯がとってもおいしいのがヒノヒカリの特徴です。無農薬米なので、軽くサッと洗うだけで大丈夫です。

除草剤・農薬・化学肥料は使わない無農薬米

宮城県の無農薬米もとってもおいしいです。宮城県、登米市双方の米の放射能検査において放射能は検出されませんでした。宮崎の無農薬栽培の農家を応援してあげませんか。農薬および化学肥料不使用(宮城県認証)です。玄米食におすすめです。東北の復興の応援になりますね。1981年宮城県の農業試験場において誕生したのが、「ひとめぼれ」、という品種です。コシヒカリと初星との交配から生み出されました。 「環生米」とは内城菌(複合土壌菌)だけを使用し、消毒、除草剤、農薬等を一切使用しない米です。化学肥料を一切使用しません。内城菌は今から約50年前、自然農法研究家の内城本美氏に発見された複合土壌菌です。空気と太陽と水にふれると有効微生物の働きで発酵、土壌に散布することにより働きます。放射線検査済みのひとめぼれは、現在では作付け面積も日本で第2位になるまでの人気銘柄であり、たいへん美味しいお米です。

無農薬・無化学肥料で栽培された有機栽培米

福島県会津産の無農薬米は、昔ながらの美味しさ満点のお米です。無農薬栽培、無化学肥料栽培です。 福島県会津市の無農薬・無化学肥料栽培の自然農法米です。30年以上も農薬を使用していません。ササニシキは、こしひかりと並ぶおいしいお米として知られた 日本を代表するお米です。 あっさりとした舌触り、風味と香りにすぐれます。近年、栽培の難しさから生産量が減少してます。 ササニシキのおいしさをぜひ味わってみてください。アイガモ農法の無農薬米コシヒカリのお米もおすすめです。苗を育てる段階から刈入れまで、農薬の殺虫剤をまったく使用していません。田植え後は合鴨を田圃に放つ合鴨農法(アイガモによる除草農法)で除草しています。有害な除草剤を全く使用していません。完全無農薬で育てた岩船産のコシヒカリはおすすめです。岩船産コシヒカリは、魚沼産コシヒカリ、佐渡産コシヒカリと並ぶ新潟の三大銘柄の1つです。新潟県関川村は、朝日連峰、飯豊連峰が作り出す日差しと日陰のほど良い土地です。関川村に流れる荒川は日本一きれいな一級河川の1つです。全国で増加している無農薬栽培、さらに普及されるとよいですね。

Similar Posts: