通販で買える無農薬野菜は安心で放射能の心配もない

最近、田舎に住んで、無農薬野菜を自分で栽培して、
自給自足の生活をめざす人が増えているそうです。

田舎ぐらしは、生活にコストがあまりかからないうえ、
無農薬栽培をして安全な野菜や穀物を自給自足すれば、
理想的な循環型生活が営めます。

田舎に住んで無農薬野菜を栽培する楽しみ

その結果、自分の本当にやりたいことに
時間をかけ、集中できるので、人生が充実するそうです。

田舎は子育てにも良い面がたくさんあります。
学校などは生徒と先生の比率が理想的であり、
先生の目が行き届くので、あまり深刻ないじめや事件は
ないのです。

素朴な子供が多いのですね。
田舎では情緒が安定した子供が育つようです。

毎日五分ほどでも自然の中で運動したり、
すごしたりするだけで、心身が健やかになるそうです。
田舎であれば、それがすぐに実践できます。

都会の人は、自然のある場所を探すのに一苦労ですが、
田舎暮らしでは、家の前にすでに自然が広がっているのです。

放射能汚染をさけるにも有機野菜宅配が便利

それほど大量の放射性物質が飛散しているという
わけではないですが、それでも、不安です。

被ばくによる健康被害を予防するために、
多くの人は、食品産地に気をつけているようです。
まず、原発事故があった近辺の魚介類を避けることです。

雨水にも放射性物質が含まれているので、
雨に濡れないようにして、雨水からの被爆も
予防するほうがよいです。

水にも注意して水道水や生水を飲まないようにして、
できるだけペットボトルの水やお茶を飲む。
ほかに、長時間の外出を控えるというのも。

有機野菜の通販で無農薬野菜を食べる

その中でも、野菜類、魚介類、乳製品の購入は、産地を
選ぶことが大切です。
宅配の有機野菜の通販は、産地を細かくチェックできるので、

このような時に非常に便利です。
お茶を通じて放射性セシウムが入ってくる可能性もあれば、
乳製品を通じて、入ってくる可能性もあります。

製品化されている商品は、その原料の産地がよくわからないので、
危険でもあります。

お茶の葉や、コーヒーのミルクなども、その出所が、
どこなのか、実際にはよくわからないのです。
これらは、缶やペットボトルでどこでも売られています。

Similar Posts:

コメント