インフルエンザの予防接種と運動の影響について注意点

インフルエンザの予防接種の季節になってきました。
インフルエンザは、子供や高齢者が感染すると症状が重篤化するので、
老人ホームなどでも、予防接種が推奨されています。

インフルエンザの予防接種をした後に運動は大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受ける場合、接種の後は安静に
するように医師、看護師が指導することが多いです。
入浴は大丈夫だと指導していることがほとんどです。

小学生のお子さんがいるお母様が、午前中に注射して、
午後に野球の練習に行っても良いかと質問されることがありますが、
インフルエンザの予防接種の後は、一日は運動を控えるほうが良いです。

インフルエンザに限らず、多くの予防接種は副反応と呼ばれ症状が
接種の後で出ることがあります。副反応は、全身倦怠感が多いですが、
発熱する場合もありますので運動は避けた方が良いのです。

インフルエンザの予防接種で運動について注意するのは、なぜ?

このように、インフルエンザの予防接種の後は、運動は避け、
安静にしている方がよいのですが、それは、副反応が出た時も、
思わぬ副反応がでたりすることも、ないと言えないので、
安静にしていると、すぐにそれがわかるからです。

体質によっては接種後の激しい運動でアレルギー反応が増悪したり、
まれにアナフィラキシーショックというショック状態になることも、
ありうるから、安静にするように医師は指導をしているのです。

高齢者の場合も、注射した日は、ボーリングや卓球など
の軽い運動も避ける方が良いです。

インフルエンザの予防接種を運動後に受けてよいか?

なお、運動の後に予防接種を受けることについては、問題ありません。
インフルエンザの予防接種は、できるだけ早めに予約を取って、
準備をしておくことをお勧めします。予約がいっぱいで、キャンセル待ち、
という事態にならないためです。

補足

インフルエンザの予防接種の予約の受付が開始される日をまず調べることを
お勧めします。予約受付の開始日のうちに予約を入れておきましょう。
そうすれば、後で困ることがなくなります。

Similar Posts:

コメント