水素水と蒸留水、どう違うの?

水素イオンは、老化を促進させる有害な活性酸素のヒドロキシラジカルを
選択的に分解してくれるアンチエイジングの味方です。
水素イオンを溶かし込んだ水素水を飲むことが
水素イオンを体に入れるもっとも確実で安全な方法です。

水素水からはどんどん水素が気化してしまうので、
つくったらすぐに飲むことが大切です。
水素はすぐに空気中に逃れてしまうという性質があるのです。
ただ、毎日、かなりの量を飲まないといけないのではないでしょうか。

最近、携帯型のサーバーがいろいろと出ていますが、持ち運びできて、
いつでも水素水をその場でつくって飲めるので便利です。
複数の会社から似たような水素水サーバーが出ているようです。

携帯用の水素水サーバーがあると便利

ただし、携帯型の水素水サーバーは、使用しないときは、きちんと分解して、
乾燥させて保存をしないと、そのまま放置すると、内部にカビがでたりします。
容器を分解保存できるものが多いので、洗浄もしやすく、
そのまま乾燥しておけば清潔さを保てる場合が多いです。

水素水は活性酸素を除去するメリットがある

なお、蒸留水を水素水にする場合は、レモン汁を数滴、滴下すれば、
うまく生成できます。純水のままでは水素は発生しません。
蒸留水による細胞の若返りの仕組みについては、まだよくわかっていない部分もあります。

従来、蒸留水を精製水として医療現場でさまざまな使い方をしてきています。
薬剤を投与するときにも、精製水に溶かして投与することが多いです。

蒸留水には何らかのデトックス作用があるのかもしれない

その意味で、有害であるということは考えにくく、
ブラウン・ランドーン博士の残した著作を調べる限りにおいては、
蒸留水健康法によって、高血圧や心臓病のほか、さまざまな難病が改善しています。

おそらくは、博士の解説のとおり、蒸留水は血管壁の老廃物を除去し、
若返らせることで健康を回復させているのかもしれません。
過去においては、ランドーン博士自身とその患者たちが、不老長寿の実績を残し、
博士は98歳まで50歳代の若さを維持して生きたとの記録が残されています。

Similar Posts:

コメント