蒸留水を飲むことで血管や肌が若返る

蒸留水を人類は古来から利用してきました。川や湖のない場所では、雨水をためて、水がめに保存していました。雨水とは、天然の蒸留水です。海や川の水が蒸発して、それが雲になり、雨となって降ります。これはまさに蒸留水と同じです。もちろん、雨水のほうが不純物は混じるでしょうが、ミネラルを含まないピュアウォーターであり、天然の蒸留水といえるものです。

蒸留水は古来から飲まれてきた

家庭用蒸留水器は、不純物のない完全な蒸留水をつくれます。蒸留水は精製水とも呼ばれ、医療現場ではさまざまな使われ方をしますが、もっとも効果的な方法は、蒸留水を飲むことで、老廃物をデトックスするアンチエイジング法です。蒸留水は血管の老廃物をはじめ、全身の有害な成分をとりこんで、これを体外に捨てるようにデトックス作用を発揮します。蒸留水は水を沸騰させてつくります。沸騰させられた水は蒸気になって、気体となり、細い管をあがっていきます。そして、冷やされて液体にもどり、容器の中にたまっていきます。この仕組みはブラウン・ランドーン博士の時代に用いられたものです。現在では、もっと簡単に、装置に水をいれて電源をいれるだけで、蒸留水ができあがる仕組みです。蒸留水は、体内の老廃物を排出するパワーのある水です。いっさいの不純物のない蒸留水は体内で老廃物をひきこんで排泄させます。血管の動脈硬化への改善の効果があるとブラウン・ランドーン博士は指摘しています。一方、水素水は、水素イオンの効果を期待するものです。水素イオンは、体内において細胞を活性化させるのです。アンチエイジングの目的にもっともかなっているのは蒸留水です。

蒸留水のもつデトックス効果と若返り

蒸留水は高いデトックス効果があるので、これまで体内に蓄積された有害微量金属、カドミウム、アルミニウム、化学物質などを体外に排出させるように働きます。これは蒸留水のもつ高い溶媒としての機能によります。この働きのおかげで、蒸留水はあらゆる有害な物質もとりこんで、体外に排出させてくれるのです。蒸留水には一切の不純物が含まれていませんので、これだけの高いデトックス効果があるのです。自然界における蒸留水とは昔は雨水がその類似物であり、雨水は天然の蒸留水として人間の健康を促進するデトックスの水として活用されてきました。もちろん、今のように大気汚染が進んでいる環境では、雨水はPM2.5を含んでいる有害な化学物質を取り込んでいると考えられていますので、雨水はおすすめできません。

蒸留水器メガキャット

そこで、現代において、蒸留水としての雨水と同程度のものを探すなら、それは人工的にこしらえた蒸留水をおいてほかにありません。蒸留水を精製するためには、水を沸騰させて、その水蒸気だけを集めて液化させる必要がありました。そのためには専用の蒸留水精製器があったほうが便利です。蒸留水を毎日飲み続けることで血管壁にこびりついた老化物質がじょじょにきれいにされて、動脈硬化も改善していくことがわかってきています。そのため蒸留水を飲み始めてから、高血圧がじょじょに軽快してきたという人も多いのです。高血圧は、動脈硬化で起こりますが、その背景には、不純物が血管壁にこびりついて、血管の壁に炎症が起こるからであるといわれています。蒸留水はこの老廃物を除去することで全身の血管壁を若返らせて、結果として、血圧も下がっていくのではないかと推測されています。



メガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>

Similar Posts: