健康と長寿の極意


健康と長寿の極意(ごくい)

本書は、アンチエイジングについては日本最高の名医と考えてよい
石原結實先生と、「知の大家」渡部昇一先生との対談です。
石原結實先生は先祖代々、漢方医の家系の出身で、西洋医学では、
血液学で学位を取っておられる方です。

朝食抜き人参ジュースダイエットの石原結實先生

これまで多数のアンチエイジングの書籍を出されており、
現在、日本で出回っている多くのアンチエイジング関連書は、
その原典がほとんど石原結實先生の書になるとさえ思われます。

一方、渡部昇一先生といえば、専門の英語学では世界的な業績を
残されているだけではなく、歴史、文学、文明などに精通し、
皇學館大學から講師として招聘される依頼も受けたことがあるほどの
歴史通、皇室関係の知識の大家でもあります。

歴史評論の碩学、英語学の権威、渡部昇一先生

しかも、今年86歳になるのにもかかわらず髪は黒く、頬は紅をおび、
立ち居振る舞いは50歳代となんら変わるところがありません。
仙人の修業でもしているのかと思うほど若々しい方です。

その渡部昇一先生の健康の極意は石原結實先生の理論にあります。
毎日、ウォーキングして、真向法で筋肉を規則正しく鍛えているほか、
記憶力を高めるため、暗記を続けているのです。

このような訓練を60歳から続けておられます。
また、ニンジンジュースやショウガ紅茶などの石原式健康法を実践されています。
これは15年前に石原式に出会って以来のことなのです。

この二人の対談、本当に得るところが多く、ぜひ、多くの方が読んで、
学んで活かして頂きたい内容です。健康であれば、無駄なお金もかからず、
やりたいことを実現する可能性も高くなります。
健康で長生きすることこそ、すべての土台ですね。

Similar Posts:

コメント