風邪の治し方温泉の効果やサウナについて

五月にもなり、GWのこの時期、風邪やインフルエンザにかかると、結構キツイですね。
熱が下がったと思ってもまた上がりだしたり、いつまでも、鼻水、のどの痛み、声ガレ、咳、くしゃみ、しんどさ、頭痛、寒気などが長引いて、なかなか完治しませんね。

風邪の治しかた、サウナ、岩盤浴

風邪の治しかたとして、外国では、サウナに入って体温をぐわーっと上げて
治すのだと聞きました。岩盤浴などで体温をあげたりもするそうです。

体温が上がると、体内のウイルスや細菌を自分の身体の免疫で
治しやすくなるというわけです。

そういえば、昔、あるシンガーソングライターさんの話で、風邪をひいて
熱が出てきたので、風邪なんかに負けてたまるかーっ!と、その人、
その辺をダッシュしたりランニングしたり、とにかくしばらく走り回ったそうです。
そして、落ち着いてみると、風邪の症状はもちろんのこと、
熱も完全に下がってしまっていたというのです。

風邪治しに温泉に行く、岩盤浴、サウナも

なので、私も、サウナに行ってみよー!っと思って行ってみました。

インフルエンザなら、外出すれば他の人にうつしてしまうので絶対にダメですが、
ただの風邪気味でだるいなあ、足が寒くて体温がなかなか上がってくれないなあ、
というときには、サウナはよかったです。

1時間ほど温泉やサウナを入ったり出たりして、帰ってくるころには、
喉の痛みはなくなり、咳も出なくなり、頭痛もなくなり、身体が軽くなっていましたから。

行ったところは、スーパー銭湯というよりも、天然温泉だったのですが、
天然温泉だけではなく、色々な湯がありました。

温泉の効果で、血液循環がよくなり、身体があたたまって、
また、肌がスベスベになるというのは一般的ですが、

高炭酸泉のお湯もありました。炭酸がお湯に溶け込むと、皮膚から吸収され、
デトックス効果が期待されたり、ヨーロッパのほうでは、心臓の湯などとよばれていて、
健康効果が高いということです。

京都府のるり溪温泉や、秋田県の玉川温泉は、低線量の放射線をだす石や
ラジウム温泉ということなので、なおのこと、ふつうの温泉やサウナよりも
もっと治療効果が高くなると思います。

風邪治るか、ロウリュサウナやスチームサウナで

ロウリュサウナというのは、フィンランドのサウナのやり方らしいですが、
サウナの石に、アロマ水などをかけて、水蒸気を発生させて発汗を促すというサウナです。

部屋が階段になっている場合は、天井に近い位置ほど空気が暑くなります。
なので、風邪治しのために、体温を上げるという目的で行ったので、
一番上の段に立って5分我慢して、外へ出て、また5分我慢してを繰り返しました。

利用者のほとんどのかたは、痩せる目的であったり、発汗作用で新陳代謝をよくする
などの健康増進目的な感じでしたので、一番上の段に立って
あぢーっと我慢してるひとなんて私だけでしたが。

ふつうのスチームサウナにも入りました。どちらのサウナも、
熱気で呼吸がしんどくなるので、私は、鼻と口を濡れタオルで覆って我慢していました。

サウナに慣れている方たちは、暑さなんか気にならない風で平気で
長時間おしゃべりしていました。慣れるとそんな感じになるのかな。

まとめ

温泉とサウナの効果、体温を上げて免疫を活性化するという作戦は成功し、
風邪が治ってしまったのには、自分でも驚いたという次第です。
これからは、自分の健康法として温泉とサウナの愛用者になりそうです。

Similar Posts:

コメント