インフルエンザ 予防 対策 食べ物グッズ風邪

インフルエンザにならないためにはまず睡眠不足を防ぐことです。
できるだけ七時間以上の睡眠は確保したいものです。
ほかにもたくさんの対策があります。

インフルエンザ 予防 対策 食べ物

食材としては免疫力を高めるものが良いです。
例えばトマトやブロッコリーなどの野菜には免疫力を高める作用があります。
栄養素としてはビタミンCやビタミンAそしてDが重要です。
野菜や果物でこれらは補えますが、ビタミンDは食事からだけでは
必要量に達しないので、サプリメントでの補充がおすすめです。

インフルエンザの発症とビタミンD不足は関連があるといわれています。
Tリンパ球の健全な働きに、ビタミンDは関連があるのです。
そしてTリンパ球はインフルエンザなどのウイルス感染からの
免疫力を担当する細胞なのです。

免疫力を上げるという視点から食べ物を選ぶとすると、
しょうが、体を温めて免疫力を上げます。このことは今では多くの方がご存知ですね。
ニンニク、ニラ、ネギ、なども、昔から風邪の時や予防法として使われていますね。
梅干しを一粒と、お醤油を小さじに1杯ほどを、湯のみ1杯の熱い番茶の中に入れて飲む、
梅しょう番茶も、体を温めます。

食べ物といえば、食べ過ぎは免疫力低下のもとです。
そういえば暴飲暴食のあとで、風邪ひいた、、ということありませんでしたか?

インフルエンザ 予防 対策 グッズ

もし、感染したら、ドラッグストアで麻黄湯(まおうとう)を
買って飲みましょう。この漢方は、インフルエンザウイルスの増殖を
抑えて治癒促進することが研究者によって明らかになっています。
タミフルなどの副作用に比べて安全に使えるので子供にもおすすめです。

麻黄湯(まおうとう)は、ドリンク剤のタイプも市販されています。
粉薬の形式のが飲みやすいです。最近のはスティック状になっていて、
より飲みやすいので便利です。ツムラやクラシエなど、いろいろな
メーカーが麻黄湯(まおうとう)を出しています。
この成分である麻黄という生薬にインフルエンザウイルスの増殖を
抑える作用があります。ほかに含まれる桂皮にも似た作用があります。

風邪 インフルエンザ 予防 対策

インフルエンザも風邪のうちのひとつの種類です。
いわゆるばい菌ではなくて、ウイルスに感染することでおこります。
ですので、予防法は風邪もインフルエンザも同じような対策になります。

1段階目は、ウイルスをなるべく体内に入れないようにすること
2段階目に、ウイルスが入ってきたとして、ウイルスをやっつける免疫力をつけておくことです。
次の段階までいって、インフルエンザにかかってしまったら、とにかく寝ること、
そして上記にも書いた麻黄湯がいいです。

ウイルスを体内に入れないために、手洗いとうがいといわれています。
免疫力を上げるには、体温をあげておくことです。

つまり、体を温める食べ物を食べる。生姜、玉ねぎ、ねぎ、根菜類は温めます。
腹巻や使い捨てカイロで、常にお腹や腰を温めておくのも有効です。
そして、毎日簡単な筋トレをして、筋肉に「熱」を作ってもらいましょう。
スクワットを30回、腕立て伏せを30回などです。

Similar Posts:

コメント