認知症の予防の食事とトレーニングとゲーム

認知症予防の食事

認知症の種類は、「アルツハイマー型認知症」と「レビー小体型認知症」と「脳血管性認知症」に分類されます。

食事が効果を表すと考えられているのは、脳の老化を遅らせることができれば認知症にならないのではないかということと、
「脳血管性認知症」を予防するには血管を傷めない食生活や生活習慣をめざせばよいとすることからきています。

まず、老化に対抗するには、テロメアを長い長さでできるだけ安定させてくれるものを摂取することがよいとされています。
食品では、オメガ3を豊富に含む魚、EPAやDHAを摂取することや、
ポリフェノールの一種のレスベラトロールを多く含むものを摂取することといわれています。
レスベラトロールを多く含むのは、ブドウやリンゴの皮の部分や、ピーナッツの薄皮などです。

そのために、赤ワインを飲むのがよいとも言われていまるのですが、お酒それ自体には、
微量であっても脳細胞を破壊するという作用があるので、私的にはあまりお勧めはしません。

また、ビタミンDやハーブのコリアンダーが良いという説もありますし、
若返りホルモンであるDHEAが出るように促進してくれるのがハーブのバジルともいわれます。

次に、血管を傷めない食事ということから考えれば、
高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満、の対策の食事ということでもあります。
暴飲暴食、喫煙はいけません。運動不足もだめです。

認知症予防のトレーニング

実は、認知症の予防法はまだ確立されていなくて、一般の全体の経験則から割り出されています。
人と良く会って話をする人や、脳機能維持のために脳のトレーニングをしていると認知症になりにくい傾向があるといわれているのです。

毎日、人とのコミュニケーションや会話を楽しむことや、毎日新聞を読むこと、毎週3日以上の有酸素運動をするなどがよいということです。

また、認知症とはまだ診断がつかないが、なんだか変だなと思われる程度の軽度の認知症であれば、あるトレーニングをすれば回復するという研究もでているのです。
「コグニサイズ」とよばれるもので、運動と認知トレーニングを組み合わせたものです。

具体的には、軽く息が弾むくらいの負荷がかかる運動をしながら、しりとりや計算などの頭を使うことをするのです。
コグニサイズのの運動プログラムというものもあります。
これらは、間違えずにやることが目的ではなくて、アレレ?ややこしい混乱するーと思いながらやりとげようとすることで負荷がかかっているということがトレーニング効果になっているのです。

認知症予防にゲーム

そして、以外に思われるのがスマホでのゲームや、子供たちに人気のDSも、そして、ゲームセンターのアーケードゲームなども、認知症予防に効果があるのではないかといわれています。

これらのゲームは、ただ座っているだけのパチンコとは違って、自分で何かを考えて、コマンドを入れて操作をしなければいけなかったり、反射神経が磨かれるものであったりすることがポイントです。指先も細やかに動かしたりしなければなりません。

また、子供や若者にウケているものに接することで、若々しい気持ちに近づくのかもしれません。

Similar Posts:

コメント