甘酒、ライスミルクは、牛乳よりも健康に良い

甘酒は日本古来の健康飲料

甘酒、冬の間はとくに、露店や店先など
あちらこちらで販売されているのをみかけますね。
奈良県の大神神社(おおみわじんじゃ)では、参道に酒蔵のお店があり、
一杯200円で温かい甘酒を飲みました。

700円で瓶入りの甘酒を購入して、家に帰ってお湯で薄めて飲んだら、
またそれもとてもおいしかったです。
甘酒は米麹からできていますので、やさしい甘味です。
日本古来からの味として私の遺伝子も覚えているのかもしれませんね。

宝塚の清荒神では、参道の露店のお店で、甘酒が300円で売られていました。
紙コップ一杯の値段ですので、大神神社よりも高いのだなあ、という気がしましたが、
酒造元のお店が店頭直売するほうが安くなるのは当然なのかなと思い直しました。

ライスミルクというのも最近は登場しましたが、
甘酒も米麹からできていますから、似たようなものですね。

甘酒やライスミルクの健康効果

ライスミルクは、コレステロールを下げたり、動脈硬化を改善したり、
さまざまな生活習慣病の予防や改善に期待される健康飲料です。
もともとは、欧米のほうでライスミルクを飲む習慣がありました。

日本の甘酒のような発酵を取り入れていないので、健康効果としては
甘酒のほうが数倍もまさると考えて良いと思いますが、
ライスミルクの健康効果は欧米でも理解されてきています。

牛乳をやめてライスミルクや豆乳に変えよう

今では日本のスーパーでもライスミルクが簡単に入手できるようになりました。
国産のライスミルクの市販も増えていて、これからますます、普及するでしょう。
牛乳は、動脈硬化を促進し脂質異常を悪化させる不健康な飲み物ですが、
甘酒もライスミルクも豆乳と同じく、脂質異常を改善し、動脈硬化予防します。

毎日牛乳を飲んでいる人はコレステロールが高くなることが多いです。
血圧も上がりがちです。牛乳は健康飲料ではなく嗜好品の類です。
牛乳などやめて、ライスミルクや甘酒や豆乳にするほうが健康的です。
カルシウムの補充は牛乳なしでも十分にできます。

Similar Posts:

コメント