シャンプーの天然成分って無添加?オーガニックは?ボタニカル?

シャンプー天然成分で無添加とは

無添加という表示があると錯覚してしまいがちですが、
そのシャンプーが安全だという保証ではありません。
無添加という表示には、基準がないのです。
例えば、他のシャンプーと何ら変わらない合成成分で成り立っているが
香料だけは入っていないというシャンプーがあったとしても、
無添加ですと表示できるのです。
表示基準がないので各メーカーによって独自に決めても違反にならないからです。

だから、何を添加していて何を添加していないかは、
そのシャンプーの成分表示を確認する以外に方法はないのです。
天然素材のみを使用していて、化学合成成分無添加という商品であれば、
水と石鹸だけのものということになります。
それにプラスしても、アロマオイルが入っているくらいでしょうか。

シャンプーオーガニックの成分とは

シャンプーでいうオーガニック製品は、肥料や農薬などを使わずに
育てた植物からとった成分を使って作られたもののことです。
ですから、これも、化学合成成分がゼロとは限りません。
多くは、やはり、従来のシャンプーより化学合成成分を減らすことができているぐらいの意味です。
化学合成成分を減らし、オーガニックや天然成分の割合が増えるほど値段も高くなる傾向があります。
当然と言えば当然なのですが。

シャンプー ボタニカルとは?

ボタニカルとは、植物の。植物性の。植物学の。という英語です。
つまり、今流行りのボタニカルシャンプーというのは、
植物由来の成分を使用しているシャンプーですと謳っているのです。

でも、100%植物由来成分なのかは、その商品ごとに違います。
多くは、植物由来の成分を配合しているので、化学合成成分の使用割合が
その分少ないですよというぐらいの意味です。
頭皮や肌や体に優しいですというイメージをボタニカルという言葉で表したいのですね。

自然派、とか、植物由来、とか書かれていると、
なんとなく体にはよいかな?と思ってしまいますね。
気を付けるべきは、その植物由来成分が何というもので、
シャンプー全体の何割を占めているかが問題です。
それと、体に有害な合成成分がゼロなのか、少しでも含まれているのかということを知らないと良い判断はできません。

化学合成成分がたっぷり入っていて、植物由来成分はごく少量しか含まれていないということも多いです。

ノンシリコンシャンプーやアミノ酸シャンプーと言われるものも同じです。
体に悪い成分が多く入っているものに、アミノ酸や植物成分が添加されていても、
害を打ち消してはくれません。

Similar Posts:

コメント