日中の眠気とへの対策とだるさの解消の方法

日中の眠気がひどい場合、どう対処すればいいのでしょうか?
日中の眠気がひどくなるときには、精神科や心療内科で
処方されて服用中の精神安定薬などの影響が残っている事も多いです。

とにかく眠気がひどくその日の予定がなければ
ほっといたら1日中寝てしまうという場合、薬の影響が
もっとも可能性が高いです。

日中の眠気には病院では漢方も使われている

日中の眠気は、別の角度から改善することもできます。
東洋医学では日中の眠気やだるさ、食後嗜眠のことを
「気虚」による症状と考えます。

気虚とは生体エネルギーの不足した状態です。
漢方では、補中益気湯や十全大補湯などの気虚を
改善する処方の服用で日中の眠気を治すことも多いそうです。

西洋薬と漢方は併用ができるうえに、漢方の副作用は
きわめて少ないので、気軽に専門医に相談してみるといいかもしれません。
眠れない時、養命酒などの薬用酒を試してみることもよい方法です。

薬用酒は東洋医学の理論にもとづいて、
滋養強壮を助ける生薬を漬け込んで作ります。
体の冷えをとり、心身を安らかにする生薬を配合しています。
体質が改善することで熟睡するできるようになるかもしれません。

日中の眠気への対策はどうしたらいいのか?

不眠気味の人に、睡眠薬を飲まずに寝入ることに挑戦してもらうと、
浅い眠りしかできなかったり、一睡もできない場合も多いです。
ところが、同じ人が、翌日の日中、昼寝をしないように
外出したり、友達と過ごして昼間に起きているようにすると、
その日の晩には、睡眠剤なしでも、爆睡してしまうのです。

実は、意識的に眠らない努力をさせることで、
かえって、眠れるようになることが多いのです。
一晩眠らないでいると、翌日には、爆睡してしまうのが自然な反応です。

実際には不眠で人間が死ぬことなどありえません。
眠れないときには眠らないままでもかまわないと
考えるならば、睡眠薬は必要ないのです。

眠れないのは、脳が睡眠を必要としていないだけであり、
眠くなるまで起きているようにすれば必ず眠れるのです。
日中に寝てしまうことがないようにすれば、
翌日あるいは翌々日には、放っておいても深く眠ってしまいます。

Similar Posts:

コメント