年賀状の家族写真いらない?子供写真も?余ったら?

年賀状は一年の初めの初笑いにもなりますが、一方、年始から相手を不愉快な気持ちにもさせてしまうかもしれません。
人それぞれの受け止め方があるので、配慮するに越したことはありませんね。

年賀状の家族写真はいらない?

年賀状が送られてきて、それが家族の集合写真だと、どう思いますか?これについては、賛否両論あると思います。
毎年のその一家の成長ぶりやら、移り変わりが分かって楽しい!という人もいるし、祖父母、両親、親戚などや、友人同士であっても家族ぐるみのお付き合いをしている相手にとっては、ほほえましく思えるのでしょう。

家族の集合写真であれば、家族ぐるみのお付き合いではなくても、好意的にうけとってもらえることが多いようですが、反対に、なんだか幸せそうだなー、いいなー、と思う人もいるわけです。結婚式の写真の年賀状も同じく、こんなお相手なんだ~、お似合いだね~と興味をもってみてくれる友達もいれば、あの子はイケメンお金持ちと結婚した!羨ましいー!こんな年賀状いらないっ。とねたむ人もいるのですね。

写真をどうしても使いたい!と思う人の場合、写真は写真でも、プリクラや、プリクラサイズの写真であれば、嫌味に思わないといわれる方が多いようです。プリクラサイズでシールタイプのラベルというのもホームセンターや文具店にあるので、それにプリンターで印刷して、年賀状に貼り付けるというのはいいアイディアかもしれません。それなら、貼って出す相手、貼らずに出す相手とわけやすいですね。

子供写真の年賀状もいらない?

年賀状を赤ちゃんのアップの写真で作成したり、子供の写真の年賀状が届いたら、楽しい気分になりますか?嬉しいですか?子供だけの写真の場合は、家族写真とは違って、うけとった相手からの不評の率が上がります。

親バカだねー、とか
他人の子供は興味ないし可愛くもないよとか。
最近は、結婚の年齢が上がっているのと関連してか、子供が授かりたいのになかなか授からないので、不妊治療をしているという方も増えているし、お姑さんと同居している人は、あなたはまだ?などと嫌味を言われるとも聞くし、なかなかデリケートな問題でもあります。

そういうことを配慮して、年賀状を送る相手によって写真入りか、そうでないかを使い分ける人も増えてきました。ですが、これにも落とし穴があって、友達から聞いた話ですが、3人とも同級生同士のお付き合いで年賀状のやり取りもしていたのが、Aさんに子供が生まれた時の年賀状が、子供のいない自分には写真付きではないものが届いていて、子供がいるBさんには、Aさんから、子供の写真年賀状が届いたのを遊びに行っていて見てしまった。そのとき、自分だけ外されたと思うとショックだったと。

それと、そういった配慮を、子供のいない夫婦は可愛そうで、子供が生まれるのが幸せな家庭、という考え方を押し付ているという風に受け取る向きもあるのです。残念ながら。

年賀状いらないのが余ったら

年賀はがきが余ったら、郵便局で交換してくれます。
切手、普通の官製はがき、レターパック封筒、郵便書簡との交換になります。
ちなみに、年賀状購入後にご不幸があって喪中はがきに交換する場合は手数料はいりません。

まとめ

私の意見としては、自分の幸せをアピールするような年賀状は、相手を不愉快にする場合もあるかもしれないし、
相手からねたまれたりうらやましがられるもとにもなりかねないので、やめておき、
パソコン印刷にするにしても、手書きの文章を添えるなどしたいですね。

Similar Posts:

コメント