バレンタインの甘いの苦手な彼氏に手作りは?義理なら?

バレンタインに甘いのが苦手な彼氏には

彼氏には手作りで「甘~い」チョコレートをあげて、
スイートな関係を作っていきたいと思うものですよね。
それが、甘いお菓子が苦手な彼氏だったらどうしよう?
せっかく作っても食べてくれなかったらがっかりだし、
もし、無理して食べてくれたとしても、そのあとお互いに
気を遣ってしまう関係になってしまわないかな?などと考えてしまうものです。

ですが、アンケートなどからもわかるように、
実は、男性は、チョコレートが食べれておいしくてうれしいというよりも、
本当は、女性から何かをプレゼントされることが嬉しいし、
もっと言えば女性から好意を寄せられているというのがうれしいのです。
日本では、バレンタインの日には女性が男性にチョコレート渡すものだ
という世間の認識が広まってしまっているので、
男性は周囲の女性に期待してしまうというのもありますね。

彼氏と彼女の関係であればなおのこと、自分に対して思いを込めて
プレゼントしてくれるんだというのが嬉しいのです。
甘いのが苦手なのを知って工夫してくれたんだな、とか、あるいは、
普段は甘いものは食べないが彼女からのチョコレートなら
甘くても食べたい!という人もいるでしょう。

チョコレート以外で何かを考えているなら、
甘いのが苦手な人はお酒が好きな人も多いものです。
おしゃれな瓶のものを探してみたり、高級銘柄の小瓶を探してみるのも良いかもしれません。

バレンタインの甘いの苦手な人に手作りするには

手作りするなら、ビターのチョコレートを溶かしてコーティングすると
それほどこってりと甘くはなりません。
チョコレートの代わりにココアパウダーを使うのも甘みがでません。

何をコーティングするかはいろいろ考えられます。オレンジピール、
バナナチップ、ドライフルーツ、アーモンド、ラスク、ポテトチップス、
クラッカーなどなどです。ポットケーキミックスを小さく丸めたものを
油で揚げてコロコロドーナツにして、その上からビターチョコをかけてもいいですね。

あとは、チーズケーキなら甘みが少ないので食べられるとか、
紅茶入りやフルーツ入りのパウンドケーキなら食べれるという人もいますし、
あるいは、甘味を抑えめにチョコレートのシフォンケーキを作るとか、
クッキーも砂糖の量を少し減らしてみるなど、手作りするなら、
材料の分量を加減できるのでやりやすいと思います。

ほかには、ピザを焼く、お弁当を作るなどもアイディアです。

バレンタインに甘いのが苦手な人に義理であげるなら?

義理チョコを渡すつもりなら、わざわざ自分で手作りする必要もないし、もっと気軽に、
チョコレートにこだわらずに選べるでしょうね。
バレンタインの時期には、ハート形の煎餅や、ハート形のクッキー、
ハート形のラスク、ハート形のパン、などなど、
食べ物に限定して探してもたくさんあります。
ハート形に固められている紅茶の葉に、お湯を入れると紅茶が飲める
という商品もあります。「ドロップティー」という商品名です。

それに、食べ物に特にこだわる必要もなく、学生同士であれば、
文房具でもよいし、駄菓子やスナック菓子をラッピングしてもよいでしょう。
ここは、ラッピングというのが重要です。贈り物なので
わざわざ包みましたよというこちらの気持ちを伝えることになります。
凝ったラッピングのものをもらうと、もらったときに、
かわいい!とかおしゃれ!すてき!という感動もありますし、
開けるときのワクワク感もプレゼントできますのでね。

Similar Posts:

コメント