お花見弁当を手作りで簡単に中身で人気のは?弁当箱も

お花見弁当手作りで簡単なのは

お花見のときには、桜を見ながら食べるので、お箸でつまみやすいものや、
つまようじやピックでさして食べやすいもの、あるいは、サンドイッチや、
今流行りのおにぎらず、など、手づかみで食べやすいものがよいですね。

唐揚げのもとなど、下ごしらえも簡単にできるものが多く出回っていますので、
上手に利用するとよいですね。
鳥のもも肉を一口大に切って、唐揚げのもとをまぶしてなじませるために
しばらく置いておき、揚げ油で揚げるとか、

春巻きや、ミートボールや、野菜ならプチトマトやブロッコリーがいいですね。

お花見弁当の中身で人気なのは

卵焼き、桜型に型抜きしたにんじん、桜卵という商品名だったと思いますが、
桜の形のかまぼこの中にうずら卵が入っていて、半分に切ってみると、
桜のように見えるものもあります。
串刺しのお花見団子もいいですね。

お花見の弁当箱

お花見らしい弁当箱があれば、お花見気分がもりあがりますね。
漆塗りっぽいものがイメージに合う感じですね。

お花見の由来は、春の農作業にとりかかる前の、豊作を祈願するための行事で、
山の神様と一緒に花を眺めながらお酒やお弁当を一緒に楽しみつつ、神様に感謝する儀式でした。
平安時代には貴族の間で流行り、鎌倉時代からは武家の間でも流行していきました。

徳川家光や吉宗が桜を移植させたり、植樹させたりしたので、桜の名所がふえていき、
庶民の間にも親しまれるようになっていきました。

Similar Posts:

コメント