目を覚ませ大阪府民、大阪都構想はデフレ政策だ

大阪都構想の言っていることは、ようするに無駄の削減ができるという論法です。
これは、実際には無駄の削減にはなっていないことは専門家が証明しています。
大阪都構想で4000億の無駄が削減できると宣伝していたのが、真っ赤な嘘で、
実際には1億にもならず、大阪市を区分けすることに伴う経費がかさんで
大阪はますますの赤字となり、増税と行政サービス削減に依存することになり、
大阪は地盤沈下してますます衰退して再起不能になります。

大阪都構想では大阪の無駄を省けず大阪は良くならない

そもそも、経費を削減するとか無駄を削減するという考え方は、景気浮揚に
なりません。政府がこれまでバブル崩壊後の景気を改善させるためにしてきたのが
経費削減、支出削減でありました。それをもっとも行った民主党政権では、
日本経済の沈下がますます起こりました。

すでに経費削減や支出削減の方策では景気は浮揚しないことが専門家により
明らかにされています。景気を浮揚させるには、むしろ公共事業をどんどん行い、
お金を市場に投下して、公共事業を盛んにすることで国全体の景気が浮揚します。
この理論を実践したアベノミクスは成功して国の景気は上がっています。

大阪都構想は新幹線網や交通網の再整備をまったく考えてない

ですから、大阪都構想の主張は、こうした公共事業を増やして景気を浮揚する
ことをせず、経費削減ばかり叫んでいる時代遅れの理屈なのです。
二十年間も間違って行われた経費削減、小さな政府論を一周遅れで言っている、
それが大阪都構想なのです。

大阪を浮揚させるには、リニア新幹線を大阪までしっかりと伸ばすこと。
北陸新幹線から、大阪にまで線をつないで、物資や人の移動を便利にし、
生産性向上をして、大阪の浮上を達成することです。

大阪都構想で区分けされた大阪市がパワーダウンし地盤沈下する

大阪都構想の人たちは、このようなリニア新幹線にも北陸新幹線の大阪への
引き込みにも、まったく関心がありません。こうした構想をとげるには、
線路を引いたり、お金がかかるからです。
しかし、その公共事業こそが、大阪の景気をよくして、結果的に税収も増やすのです。

本末転倒している大阪都構想にだまされず、大阪府民の人々が正しい道を
歩むことで大阪のみならず近畿全体がより良くなるでしょう。
大阪都構想の本質は大阪市を複数の区分けして弱体化させてしまうことにあります。
区分けされたら、すべて余計な経費、人件費、行政速度の低下になります。
大阪市をなくしてしまおうとする間違った大阪都構想を阻止したいものです。
でないとますますデフレになって日本にもマイナスです。

Similar Posts:

コメント