怒られると怖いのを克服するには?心理は?理由は?

怒られるのが怖いを克服するには

職場での上司、学校では先生、や先輩、家庭では親や配偶者、あるいは子供に怒られると、
怒られるのが怖くなり、職場に行けない、学校へ行けない、家庭にいられない、
そういったことで悩むことがあるかもしれません。

だれでも、怒られると怖いものです。それでも過度に恐怖を覚える場合は、
怒りが爆発している人の人格や性格に問題があることも多いです。
また、職場や家庭や学校が、怒ったり怒鳴り散らす人が多い環境なら、怒りで感情を爆発させることが普通に感じられ、怒る側の人は怒りに鈍感になってしまっているかもしれません。

反対に、一般的な怒られ方でも、過度に必要以上に自分にとっては怖く感じることがあるかもしれません。
その場合は、怖いを克服するトレーニングなどはないですから、自分の感受性が敏感なんだと解釈して、
なるべく怒りっぽい人を避けるとか、怒られないよう工夫をしましょう。

怖いを克服するには大きく分けて対処法はふたつあります。
ひとつは、耐えられないなら、とりあえず避難すること、つまり、休むなどして一時的に離れること、それでもだめなら転職、転校、離婚、別居、一人暮らしということです。克服という意味にはならないかもしれませんが、自分を守ることも大事です。

もう一つは、怒る怖い人間の懐に飛び込んでいってその人を理解すること、その人の怒りポイントが発見できたら、どうすれば怒らせないでいられるかがわかります。そして、機嫌がよくなるポイントを探して機嫌良くなってもらえるように工夫することです。

怒られるのが怖い心理は

また、怒りやすい人の人間を観察して相手を理解し、心理的に対策することでも、怒られるのが怖いという恐怖が軽減できる場合があります。
怒っている人のほうが度を越えている場合や、怒っている人が変わった人、変な人、の場合も多いですがね。

攻撃的な人の多くも、幼少期から過剰に褒めらて育ってきていたり、自分が思った通りに褒めてもらえなかったという不満を抱えてる人たちです。

劣等感が異常に強い人は、自分と違う意見を言われただけでブチ切れることが多いです。
自分の存在を全否定されたと感じるためです。
そんな人に対応するには、「なるほどそうですね。」と相手の意見を受け止めつつ、「ちなみに私の意見は」と、意見を並列させるとよいです。

また、怒りの感情を表すことで、他人を自分のコントロール下におこうという人もいます。無自覚に表現していることが多い。
親などに怒鳴られることが多く、怒りに怯えて育った人や、自分が怒ることによって相手を支配した経験を持つ人が多いが、
このタイプの人には、自分のほうからお近づきになって、親切にし、優しい言葉をかけていくことです。
周りから疎ましがられて孤独な人物の場合が多いので、優しい言葉や行動には軟化する可能性があります。

褒めると怒る理由は

子供を育てるにも、人を育てるにも、褒めて育てるということが広く言われてきています。
ところが、褒めると怒る人も存在します。

褒められることに慣れていなかったり、自己否定の感情が非常に低い人の場合は、
ほめられると、今までの自分の自己認識や自己価値感が揺らぐので、不安になり居心地の悪い気持ちになるためです。
どういう反応を返せばよいのかわからないから不機嫌になるとか、混乱して怒ってしまうという場合もあります。

また、褒めておだてることで何かを企んでいるのではないか、自分は陥れられるのではないかと疑って、
褒めた人を敬遠するために怒ることもあります。

劣等感というものをほとんどの人が持っていますが、これが攻撃的な人、過剰に怒りやすい人を作り出している原因のひとつともいえます。
劣等感をバネにして、他人に左右されることなく建設的な自分へと気持ちと行動を誘導できる人は、結果、建設的な人になり、
周囲の人に迷惑や困難を与えることは少ないでしょう。

反対に、劣等感があるがゆえに、そのはけくちが非建設的な方向へ向かってしまい、非行や犯罪、またそこまではならなくても怒りやすく他人からみると迷惑な人になってしまうこともあります。

褒めて育てられた人は、劣等感を刺激されると反射的に怒る人になってしまったり、劣等感を持っていることを隠すために自慢し続けるような人になってしまうことがあります。

褒めるよりは、感謝を伝えることや、勇気づけることが有効です。

Similar Posts:

コメント