スマホでusb認識しない場合にケーブルは?アンドロイドでインストールすべきは?

スマホでUSBストレージ認識ができないためにusb接続ができないで困ることがあります。スマホの写真データをPCへ移動させたいのにという場合、USBを認識してくれないとできません。スマホからPCへ画像を移行させたいのにできないという場合もあり、スマホや携帯電話で撮った写真をパソコンに入れたいのにできないという場合もあります。スマホの中のデバイスの操作をしたいので、パソコンとつなげて、パソコン画面から操作したいのにできないという場合もあります。

スマホでusb認識しない場合のケーブルは

その時にケーブルを確かめてください。
データー通信ができるUSBケーブルがあります。一方、充電用のみで、データは通信できないケーブルもあります。
1本でデーターと充電の両方に使えるケーブルもあるし、データと充電を切り替えて使えるものもあります。
まずは、自分が接続したケーブルはデータ通信ができるのかを確認してください。
違ったものを使っていた時は、コンビニなどで、すぐに手に入ります。

usbを認識しないアンドロイドでは

アンドロイドの機種により、USBを認識させる操作が違うようです。
ですので、自分のスマホの機種の取説を読むのが先決です。
自分の機種を検索すれば、ネット上で取扱説明書が読めます。

どの機種でもいえることは、
セキュリティ対策ソフトが入っているパソコンでは、ファイアーウォールで遮断される場合があるので、一時ファイアウォールを停止させるとUSB認識することがあります。
また、スマホ画面にロックがかかっていると認識されないものなので、画面ロックを解除した状態でケーブルを接続することです。

認識されたかどうかを確認する方法は、
①パソコンのスタートボタンを右クリックして「デバイスマネージャー」をクリック開く。
②「ポータルデバイス」のなかに自分の機種があれば、認識されていることになります。

usbを認識しないときインストールすべきは

ちなみに、私の場合は、2日以上かけての試行錯誤の結果

①自分の機種の取扱説明書をWEB検索で読み、そこからのリンク先でUSBドライバーをインストール
②データー通信ができるUSBケーブルを購入
③パソコンとスマホをUSBケーブルでつなぐ
④つないだあとパソコン画面の右下に表示されるスマホ機種名をクリック
⑤「写真とをパソコンにインポートする」というところをクリックし、以降、指示に従う

これでやっと解決かと思いきや、
しかし、なぜか、私は画像も映像も両方ともパソコンに移行したかったのに、
映像もすべて写真になってとりこまれてしまい、しかも、半数の画像映像はなぜか不明なエラーが発生して取り込めないという状態になりました。
取説にあった、Windows Media Playerを使っても、パソコンからスマホへの同期はできるのに、スマホからの画像はパソコンには移動できません。
ネット検索で得た情報と違う結果になってしまったとき、本当に困ります。

それでは別の方法でということで、スマホからパソコンへデーター移行しようと、
①スタートボタンを右クリックして、「エクスプローラー」をクリックして開く。
②「PC」の中にある自分のスマホの機種名をクリックすると、SDカードと内部ストレージがあります。
③それぞれの中の「DCIM」のフォルダーのなかに(Digital Camera IMagesの略、つまり、デジタルカメラで撮った画像や映像)が入っています。
音楽は「Music」映像は「Movies」のフォルダーです。
④スマホのそれらのフォルダーから、パソコンのデスクトップへコピー。
それでも、映像が画像となってしまいます。

そこで気づいたのですが、拡張子が3gpとなっていて、それが原因かどうかわかりませんが、
結局、「共有」からディスクに書き込む方法をしてみようと、ディスクも準備して、
それが書き込める準備ができたとポップアップされたDVDRWドライブ(D)の中のファイルを全選択して
パソコンのデスクトップにコピーしたところ、不思議なことに映像として見れる状態になっていたのでした。
自分でもよくわかりませんが。

USBケーブルで音楽や動画をスマホ内に取り込む方法

パソコンから移行させるときはその逆に、パソコン内のものを選択してコピーするなりしてスマホへ移行させればよいのですが、
同じく「エクスプローラー」から「PC」のピクチャ、ビデオ、ミュージックなどを開き、
例えばパソコンからスマホへ音楽をUSB経由で取り込みたいならば、auの私の機種の場合、取説に書いてあった方法ですが、
パソコン上でWindows Media Playerを開いて、パソコンからスマホへの同期をすると、音楽や動画がスマホ内に取り込めました。

Similar Posts:

コメント