TPP参加を阻止し、日本の農業を守らねば日本は滅ぶ

TPP参加を推進する人々はそれが日本の古い農業を改革する
機会になるとか、中国への対抗策だと主張しているようです。
たしかに、農協は、UFJよりも資産をもっている巨大な組織です。
日本では、戦後、大地主が生まれないようにとの考えから、
農業に関する法律が定められました。その結果、農家は、
農作物を作るだけの存在となり、販売を農協が行うようになりました。

農業の改革は悪い方向に向かっている可能性がある

農家は農地を勝手に手放すこともできないし、
新たに農民になるのにもハードルがいろいろある状態でした。

大規模農業ができたり、企業が農業をしたり、できるように
なれば、日本の農業は大きく変わる可能性があるとして農業法が
いま改革されています。

無農薬農法にしても、大企業が真剣に取り組めば、
爆発的に普及する可能性もありますのでそれは一理あります。
しかし、TPPに参加してしまえばすべてがマイナスに転じます。

TPPで日本の高品質の農産物が衰退する恐れがある

TPPが、危険視されているのは、
日本の農家が海外から入ってくる安価なものに対抗できないからです。
安価で質の悪い物がはびこれば、質の良い高い物の値段も下がります。

農協による一極支配を解体してもその後に入り込んでくるのが
海外の巨大農産企業や農薬産業だったら、日本の食の安全性が崩壊します。
外国勢力を使うことで農業の脱皮をめざすやり方は大間違いであり、
毒が効きすぎて、病根だけでなく本体までも滅んでしまうことになります。

外国資本を導入する考え方は、自由主義であれば国が
発展するというハイエクなどの経済理論から来るものですが、
その考えには安全保障や国防という視点が抜け落ちています。

食料安全保障という角度からTPP参加は国益を損なう愚行

いつ、戦争がおこるかわからない、大地震や災害がおこるかわからない。
そんな時代に輸入品ばかりに頼る国は真っ先につぶれます。
戦争や地震などで外国からの輸入がストップする可能性があるからです。
農産物にしても、重要な農作物はすべて海外から 
の輸入に頼るような状態だと、地球規模の災害や
戦争がおきれば、日本の食料安全保障はたちまち行き詰まります。

どの国も非常事態になれば、自国の国民のための利用を優先し、
他国へは輸出しなくなるのが常識ですから。
それゆえにTPPへの参加はリスクが高く、決して行ってはなりません。
今からでも間に合うので即刻中止すべきです。

農協支配による日本農業の衰退を改善するためには、
日本の国民の幸せにつながる農業法の改革をしていく必要があります。
外国の会社が参入できるような仕組みは速やかに廃止すべきなのです。
安い物は良い物ではありません。安い物は危険な物であり、同時に
日本の本来の良い物を滅ぼす毒として日本に入り込んでくることを知るべきです。

Similar Posts:

コメント