TPP参加は日本崩壊の道だから食い止めよう

TPPとは、そもそもはアメリカが没落する自国の経済を
持ち上げようと画策しているものです。
ここに参加することはアメリカを救うことになります。

そのかわり、わが国は沈みます。関税自主権が損なわれることになり、
主権が脅かされます。

農業や医療や保険業界の問題だけではないのです。
明治維新のとき、わが国は関税自主権のない不平等条約を
諸外国と結ばされました。

それを取り戻すのに明治時代の先人たちがどれだけの苦労を重ねたのか。
歴史を少し学べばわかることですが、現政権の中枢にいる人々は歴史を学ばず、
目先の利益だけを考えているのでしょうか。

TPP参加は日本文化が衰退する危険な道

TPP参加は決して国民の暮らしを守るということになりません。
国民の暮らしを守るというなら、TPPは参加してはなりません。

医療が大きな影響を受けることは明らかであり、
国民皆保険制度が崩壊して、外資系の高額医療と
それに付随する外資系の保険が日本に入り込んでくるでしょう。

混合診療のことは、最初からわかっていたことでした。
お隣の韓国も同じようにアメリカにやられてしまっています。
さて、これからどうなるのでしょうか。

TPPも日韓合意もアメリカの圧力によるもの

年末の日韓合意も、アメリカの圧力があったのはたしかでしょうが、
日本のほうからここまで折れて譲歩する必要はありませんでした。
韓国は存在しなかった強制連行という虚構を根拠に
海外の至るところで執拗な反日悪宣伝をまき散らし、

日本に歴史情報戦をしかけてきています。その戦いは、武力によらずに
日本を屈服させるものであり、中国や韓国の歴史情報戦に
日本は翻弄されています。

この問題点を明確に指摘してくれたのは、「日本の心を大切にする党」
だけでした。海外の報道は事実が歪んで伝えられ、まるで日本が
戦争犯罪を犯したかのような話に書き換えられてしまっています。

TPPも日韓合意もすみやかに合意を破却して、白紙に戻すべき

日韓合意もTPPもどちらも日本国民にはメリットがないのです。
相手国を利するだけで、日本は富も信用も失います。
国益を損なう決断ばかりをするのはなぜなのでしょう。

ひとつは愛国心が欠如し、ことなかれ主義が政府や官僚に
蔓延しているからです。身を捨ててでも国を守るという気概がなく、
自己保身に走る政治家や官僚が、TPPや日韓合意を影から
誘導しているのです。

Similar Posts:

コメント