冬太り解消と理由と冬のダイエット運動

冬太りを解消するには

冬太りを解消するには、口から入る食べ物の量やカロリーや、
糖分をどれだけ少なくできて、しかも、バランスよく体に悪影響がない
食事であること、リバウンドなくできることが理想と考えられます。

また、体内に入るカロリー計算だけではなく、
どれだけカロリーを消費できるかによっても冬太りが解消できるかどうかが決まります。

ですので、冬太りしたなと思ったら、しばらくの間は
夕ご飯だけは炭水化物を抜くようにするとか、
野菜と海藻をたっぷり食べてお腹を膨らませるとか、
いつも以上に摂取カロリーを減らす努力が必要です。

冬太りやすい理由は

理由は、まず、クリスマスや忘年会や新年会と、年末年始に宴会などで
たくさんの量を食べる機会が多くあり、お正月には、お節料理などの
カロリーの高いものを口にしてしまいます。また、寒いのとお正月ということもあり、
運動の機会が少なくなります。

ですが、実は、夏よりも冬のほうが、消費カロリーは高く、痩せやすいのです。
人の体は、通常時の体温を一定に保たなければならないので、
外気温と体温との温度に差があればあるほど基礎代謝が上がるのが普通で、
つまり、気温と体温に差がでる寒い冬は、痩せやすくなるということなのです。

ただ、冷え性や低体温などの人は、基礎代謝が低いので、
寒い冬はますます冷えて、ますます太りやすくなります。
逆に平常時の体温を1度上げるということは、基礎代謝を12%上げることになるのです。

冬のダイエット運動

つまり、運動をして筋肉を増やして、基礎代謝を上げることが効果的です。
それにより平常時の体温も上がってきます。
冬のダイエット運動に効果的なのは、家の中でも十分に運動できて脂肪も燃焼するというものです。

よく言われますが、スクワット、これは、下半身の筋肉を鍛えて
筋肉をつけることができます。
全身の筋肉の70%を下半身の筋肉が占めますから、ここを鍛えれば効率がよいのです。
また、膝を曲げて腰を落とすときに、ゆっくりとした上がり下がりのほうが、より効果的です。

お腹周りは、上体ひねりをします。
手を胸の前で合わせて、左に上体をねじるときに息を吐き、5秒止める、
息を吸いながら手を胸の前に戻す、これを左右ともします。

上向きに寝転んで両足を空中に上げて、空中で自転車をこぐようにする、
空中自転車こぎは、股関節を動かすことで血流を促進します。

骨盤のゆがみを整える方法は、腰に手をあてて、骨盤をぐるぐると回す方法です。
骨盤周辺のインナーマッスルを鍛えることにもなります。

Similar Posts:

コメント