人手不足で移民を入れると国は貧乏になる

中韓の激しい反発があるという旭日旗。しかし、アメリカもイギリスも
まったく反発していません。旭日旗は日本海軍の旗であり、
また、海上自衛隊の旗として世界中に認知されています。
そして、日本文化は世界に誇れる素晴らしさがあります。

日本文化が世界最高の規範を継承している

市民の都市生活をみればわかります。
日本人の規範は、列に並ぶ、交通ルールを守るなど常識です。
公共の場所で大声を出すことはありません。

車の運転でもクラクションをむやみに鳴らさないのも日本人特有です。
秩序や礼儀は、日本人の美徳です。それは温和・善良・恭敬を美徳としています。
それだけではなく日本人には節制と謙譲という世界でもまれな精神があります。

日本を訪れた外人が日本人の礼儀正しさや秩序を守る精神に驚く

日本人が職業を敬う心に深い感銘を受ける欧米人も多いです。
1603年に徳川家康が征夷大将軍に任命されてから265年間続いた江戸時代に
寺子屋などの私塾が全国に普及しました。
そこでは、読み書きそろばんを教え、さらに和算の微分と積分まで教えていました。
識字率はイギリスを越えていました。
江戸の町は塵ひとつないきれいな町だったと日本にきた欧米人は感嘆しています。

江戸はすでに水道が発達していたのです。
リサイクルも発達し、長屋の共同便所の人糞を農家が買い取っていました。
古着回収、古紙回収もいきわたっていました。

日本は常に世界の師範のような位置にあった

人々の学習能力の高さ、識字率の高さは世界最高水準であり、
女性が1人で外出できるほど治安がよい国は当時、日本だけでした。
明治維新の成功の背景は江戸時代の高い文化レベルにあったのです。

こうした高い日本文化にケチをつけたい国の人は、日の丸や君が代や旭日旗など、
日本のシンボルは何でも嫌うのでしょう。
そういう国の人がたくさん日本にやってきているというのも不思議です。

しかし、外国人がこれ以上日本に増えてくれば、日本の安全な社会や
高い道徳性が崩れてしまう危険があり、移民を制限していく政策が不可欠です。
国連の定義は、祖国を12か月以上離れている人は移民扱いです。
とすると、日本は移民天国です。

かつて高度経済成長の時代には、人手不足でも移民を入れずに生産性向上を
遂げて日本経済は成長できました。今も、これ以上移民を入れずに、
第四次産業革命で生産性向上を遂げて日本経済が成長する道が正しいのです。
人手不足とは給与があがるということです。安価な労働力を海外から
入れなければどんどん国民の年収は増えるのです。

Similar Posts:

コメント